2018年07月02日

ロシアvsスペイン

実力的にはスペインだとは思うが、WC直前に監督交代があったスペインも万全ではないと思う。
それでも、前半にFKからラッキーな形で先制したスペイン。
セルヒオ・ラモスの得点とは言っているが、ラモスの足には当たってないように見えたが。

とにかくボールキープ率が高いスペイン相手に先制されて追いつくのはきついな。
しかし、ボールはキープしているものの、ペースがゆっくり過ぎで、こんなにちんたらしたサッカーしてると、やられるような気もするな。
もう1点取ってしまえば安泰だろうに。
そう思って見てたらピケがやらかした。
CKからの競り合いで、あんなに手を高くあげてたら駄目だろ。
ホームアドバンテージもあるからこれはロシアにも目が出てきたな。

後半もなかなかスピードが上がらないスペイン。
ボールは回せても、誰もエリア内に飛び込めない。
ロシアのディフェンスが固いとも言えるが。
20分過ぎにイニエスタを投入して少しペースが変わった。
それでも、バリエーションが少ない。
ミドルが殆ど無いし、ロシアの守備もそれほど怖くないんだろうな。

延長に入って、ロシアのディフェンダーは足を吊りながらもよく頑張っているな。
延長後半、ロドリゴが個人技でシュートまで持っていったが、キーパーも良く防いだ。
結局PK戦まで行ってしまった。

PK戦は二人を止めたロシアが制して準々決勝進出。
スペインは時間内に勝ちきれなかったのが全て。
やはり優勝した年と比べると、決定力というかイマジネーションが足りないチームだった。




ラベル:2018WC
posted by D at 20:26| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

ウルグアイvsポルトガル

無失点でグループリーグを突破したウルグアイに天才ロナウド率いるポルトガルの戦い。
1回戦屈指の好カード。

6分過ぎ、スアレスの左からのクロスにカバーニが飛び込んでヘディングを叩き込んだ。
ピンポイントのクロスだったな。
カバーニ→スアレス→カバーニで二人だけで取ったような点である。

ウルグアイは守備が堅くて、速攻のカウンターで点を取るのが伝統だが、スアレスとカバーニのツートップが充実している今回は優勝も狙えるのではないか。

前半はこのままウルグアイがリードして後半へ。
10分にはショートコーナーからロナウドの背後から飛び込んだぺぺがヘッドを決めて同点に。
一進一退の攻防だな。

16分、速攻からカバーニが勝ち越しゴール。
速攻というか、ゴールキックから、こぼれたボールをベンタンクールがキープしてパスを出してスアレスがスルーしてカバーニが決めるという、めちゃシンプルな得点である。

カバーニが怪我で交代したウルグアイ。
ポルトガルが追いつけばポルトガルが逆転まで行きそうだ。
ウルグアイは守り切ることができるかだな。

守りきったウルグアイは、球際が強いし集中力が切れなかったな。
スアレスとカバーニが目立つが、ラクサールは運動量豊富だし、トレイラとベシーノのダブルボランチも根気強く献身的な守備してた。
ポルトガルもアルゼンチンと同じでスーパースターのクリスティアーノ・ロナウドがいながらももう1枚カードがあればなという感じだった。
そこが、スアレスとカバーニの2枚看板のウルグアイにやられた一つの要因かな。
ラベル:2018WC
posted by D at 16:54| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスvsアルゼンチン

無風のグループリーグを無敗で1位通過したフランスと苦しみながらもなんとか決勝トーナメント進出を決めたアルゼンチンとの戦い。

フランスの若き10番のエムバペはスピードが半端ない。
現時点のサッカープレーヤーの最高峰はメッシとロナウドだと思うが、それに匹敵するレベルのプレーヤだな。
無風のグループリーグだったからフランスの試合を見ていなかったが、ここまでだったとは。
とにかく抜け出すスピードが速いからファールで止めるしか無い。
前半13分、PKをグリーズマンが決めて、フランスが先制。
その後にも自陣から抜け出したエムバペをファールで倒さざるを得ないシーンがあったが、ぎりぎりエリアの外でFKに留まった。
それでもアルゼンチンも強豪なわけで、そのままやられっぱなしという訳には行かない。
41分にディマリアが素晴らしいミドルを決めて、前半を1−1で折り返した。

後半の立ち上がり、フリーキックから流れてきたボールをメッシが初めて前を向いてシュート。
これにメルカドが運よく、コースを変えてアルゼンチンが勝ち越した。
面白くなってきた。
12分、フランスのサイドバックのパバールが折り返しのボールが流れてきたところをダイレクトでミドルシュートを叩き込んで、追いついた。
身体を倒しながら上から抑え込んだディフェンダーとは思えない素晴らしいシュートだった。
後半少し影が薄かったエムバペだったが、19分、ゴール前の混戦から、冷静に抜け出すセンスとスピードはやっぱり半端ない。
残念ながら大迫とはレベルが違う。
勝ち越したフランスに対して追いかける展開になったアルゼンチンは交代で入ったアグエロ含め前からプレッシャーをかけ始めたが、23分、カウンターからエムバペに決められて2点差。
2点差はきつい。勝負あったかな。
カウンター取り放題の展開になりそうだな。
ロスタイムに入って流石のメッシのフィードからアグエロがヘッドを決めて、1点差にまでは詰めたが時すでに遅すぎた。

フランスとアルゼンチンの差は何か。
メッシと他の選手との差が大きすぎるかな。
カンテの守備力の高さでメッシをかなり抑えたのが大きい。
ポグバにしてもグリーズマンにしても長い距離を走れるのも大きい。

ラベル:2018WC
posted by D at 15:10| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする