2010年04月12日

デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜  ☆☆

スパイものなんだけど、元MI6とCIAで産業スパイという設定がそもそもしょぼいかな。毛生え薬ってのもコメディかと思ってしまう。雰囲気は悪くないんだけど。

よく分からないシーンが出てきて、しばらく見てるとそういうことかっていうのが繰り返されて、見てるのが面倒になってくる。もっとテンポが良くないと。
騙し騙されも繰り返されるから、また騙しかと身構えてしまうし、エンディングもふーんて感じにしかならなかったな。
時間軸が行ったり来たりするのも、使い古された感が強くて新鮮味は無いし。

ジュリア・ロバーツはやっぱり老けたな。若かりしころころの魅力はもう無いんだから、もう少しイメチェンするような役をやった方がいいような。同じクライヴ・オーウェンと共演したクローサーあたりが限界か。元々そんなに好きなタイプではないんだけど。口が大きな女性は苦手だな。今井美樹とか。

クライヴ・オーウェンはしぶいな。ちょっとくどいけど。
シューテム・アップはめちゃはまり役だったな。面白かったし。

デュプリシティ 【VALUE PRICE 1500円】 [DVD]
posted by D at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック