2010年07月04日

準々決勝 スペインvsパラグアイ

前半
ちょっとびっくりの立ち上がりだ。
ポルトガルでさえでディフェンシブに立ち上がったが、パラグアイはいきなりガンガン行っている。すごいプレッシャーだ。
スペインに全く攻めさせていない。最後まで持つのか?

20分を過ぎて、さすがに少し下がり気味になったか。
それでも、ゴールに近づくと寄せが速い。
攻撃は手間をかけずにシンプルで速い。
40分過ぎ、パラグアイが先制かと思ったがオフサイドでスペインは助かった。
パラグアイは前半1点取っておきたかった・

しかし、予想外の展開の前半だった。
もし、日本が勝ち上がっていたら、こんな試合ができただろうか。
このサッカーが90分続いたらすごいな。

後半
カシージャスがPKを止めた。
パラグアイは千載一遇のチャンスを逃した。

何という展開だ。
カシージャスがPKを止めた直後、今度はスペインのPK、アロンソが決めたかに見えたが、スペインの選手の動き出しが早く、やり直し。これを、今度はヴィジャールが止めた。

さすがに、パラグアイのプレッシャーが落ちてきたか。
スペインがパスを回せるようになってきた。
遂にスペインが先制した。
パラグアイもさすがに足が止まってきたから、しかたがないか。
後半38分までよく持ったと言えるだろう。やっぱり先制点が欲しかったな。

43分、パラグアイも決定機を作るが、決めきれない。
やっぱりカシージャスがうまいんだな。
この試合のMVPはカシージャスだな。

スペイン 1−0 パラグアイ
posted by D at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック