2010年07月06日

ウンベルト・ソトvsリカルド・ドミンゲス

全然手が出なくて、ちょろい挑戦者だと思ってたら、第2ラウンド、ワンツーの右が当たって、一瞬ソトの膝が折れた。ちょっと、びっくりした。
でも、ソトは余裕だな。パンチは切れるし、多彩だ。
連打も速いな。

ドミンゲスのパンチが当たらなくなてきた。
時間の問題だな。
全然、当たってないかと思ったが、少しは当たってるんだな。
ソトがひるまないから分からないな。
最終ラウンド、ソトは右手を痛めたようだ。倒しに行けなかったな。
ラベル:ライト
posted by D at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック