2010年07月13日

マイケル・カチディスvsケビン・ミッチェル

カチディスは荒いんだが迫力がある。
ミッチェルはジャブがいいんんだが押されている。
カチディスは打たれながらも距離を詰めて、自分の距離になったらガンガン打つというボクシングだ。
ミッチェルは打ち合わずに足を使ったほうがいいと思うが。
案の定、一発当たって、守勢にまわる。
足を使って回復すればいいのに、打ち合ってしまう。
結局、3RカチディスのTKOだ。
ミッチェルはもう少しボクシングを覚えれば、伸びる可能性はあると思うな。
ラベル:ライト
posted by D at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック