2010年07月17日

ブレックファスト・クラブ  ☆☆☆

若いな。熱いな。
正直、今の自分にはついていけない感覚なんだが、それでも見入ってしまった。
初見だったんだが、20年前に見てたらもっと印象も違ってたかな。

ジョン・ヒューズの作品としては少し説教じみているか。
ほとんど、密室での演劇みたいな映画で会話がメインだ。
英語がもっと分かるとまた違うような気がする。
字幕に少し違和感を感じたからな。

自分に素直になれない。ほんとのことを話すのが怖い。若い時はそういうことに思い悩み、熱くなることもある。歳を取ってくると同じことはあっても、全部割り切るようになってくるんだな。大人になったというより、感度が鈍ってきたように思う。良いのか、悪いのか?

ブレックファスト・クラブ 【Blu-ray ベスト・ライブラリー】
posted by D at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック