2010年08月02日

ファン・マヌエル・マルケスvsファン・ディアス

昨年2月以来の再戦、マルケスはメイウェザーに敗れて以来の復帰戦だ。
ディアスは慎重だ。後半勝負なのか。
マルケスはここという時にパンチを当てるのがうまい。

ディアスはパンチを避けることに気がいって、手数が出ないな。
このままだと、見せ場が無いまま終わりそうだ。
マルケスはパンチを打つときのバランスがほんとにいいな。
軸が崩れないから、強いパンチを連打することができる。

ディアスは一発のパンチがあるわけじゃないから、連打で勝負するしかないんだが、残り2Rで出ることができるか?
11R、少しは出たんだが、行けないな。連打が出ない。もう捨て身で行くしかないのに。

マルケスはメイウェザーに負けたときは、もう終わったかと思ったが、まだまだ強いな。
10歳の歳の差をものともしなかった。
逆にディアスはかなり株を落としたな。
ラベル:ライト
posted by D at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック