2010年08月10日

移民

移民についてのBlog書き込みが旬だ。
その発端がこのBlogか?
My Life After MIT Sloan
アメリカ留学中のおねぇちゃんなんだが、結構するどい記事が多い。
でも、この移民についての記事は違和感があるな。

移民促進の目的が日本の経済復活というのが引っかかる。
優秀な移民を受け入れて経済を活性化させようと言うのだが、これって自分じゃもう借金返せないから金持ちの結婚相手探そうみたいな発想に思える。
それ以外にもう日本が立ち直る可能性は無いのか?
もし、そうなら仕方がないが、まだそんな状況では無いと思う。
どうせなら、日本人の手で復活して、貧しい国からの移民を受け入れる方が志が高いように思う。

異文化を受け入れていろんな価値観を取り入れることで発展するとして、世界中がそうなるといずれは異文化が無くなって世界中が均一化してしまうだろう。そうするとこの理論で発展し続けることは不可能で、一時的な効用しか無いということになる。
移民に頼らなくても日本人がもっと外に出ていって、新しい価値観を持ち帰ってくればいいと思う。

若い頃、ジョン・レノンの影響で国境がなくなることが理想だと思っていた時期もあるが、今はちょっと違うかな。全ての民族が独立して自分たちの国を持ち、互いの国の文化を尊重して、全ての国が発展することが理想だな。まあ、夢物語ではあるが。
【関連する記事】
posted by D at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック