2011年04月02日

月に囚われた男 ☆☆

正統派SF。
監督のダンカン・ジョーンズはデヴィッド・ボウイの息子とのこと。

冒頭、シチュエーションの説明があるんだが、「世界を汚したエネルギーは底を尽き始めていた…」その解決策として、月で資源を採掘しているという設定。
たまたま、原発事故でこれからのエネルギー政策をどうするのかという時期だから、考えさせられる設定だった。
結局、この採掘会社が利益をあげるために…という話で、恐ろしくて悲しい話だ。

CGがふんだんに使われているわけでもなく、映像的には古いというか懐かしい感じがする。
登場人物はほぼサム・ロックウェル1人だけ。ケヴィン・スペーシーが声だけで出演している。

いい映画だとは思うけど、やっぱり悲しい話は…

月に囚われた男 コレクターズ・エディション [DVD]
posted by D at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック