2011年05月29日

スタンド・バイ・ミー ☆☆☆☆

誰もが知ってる名作だ。
大学生の時、観に行ったな。
今回、久しぶりに見た。4回目くらいかな。

4人のバランスとキャスティングが絶妙なんだな。
かっこいいクリスにちょっといかれたテディ、おとなしめのゴーディにいじられ役のバーン。
バーンのキャラが一番好きだ。

リバー・フェニックスはこの作品で注目されるようになったわけだが、この時16歳。23歳の時に麻薬による心不全で若くしてこの世を去る。
正直、これ以降の作品で印象に残ってるものはないな。「マイ・プライベート・アイダホ」とか「インディ・ジョーンズ」くらいしか見てはいないんだが。

コリー・フェルドマンはこの時15歳。他にもよく映画に出てた。「グーニーズ」とか「ロスト・ボーイ」とか。今でも俳優やってるようだ。この前見た「ロスト・ボーイ」の続編ではおっさんになってた。

ウィル・ウィートンはこの時14歳。彼も今でも俳優をしてるようだが、やっぱりぱっとした作品はない。

ジェリー・オコンネルはこの時12歳。映画中でも最も幼く見えたけど、あのキャラあっての「スタンド・バイ・ミー」だと思う。今の写真を見るとスリムで二枚目でびっくり。結構成功しているみたいで、俳優、声優、脚本書いたりプロデュースしたりもしているみたい。

この映画では脇役だったキーファー・サザーランドとジョン・キューザックの方が以降活躍してるな。

スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]
posted by D at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック