2011年06月30日

ラファエル・ナダルvsマーディ・フィッシュ

クォーターファイナルの最後の組み合わせ。
フィッシュはよくここまで勝ち上がってきたな。実力はあって、今大会も第10シードなんだが、目立たないんだな。

第1セット、第2セット共にナダルが6−3で取ったが、完璧というわけじゃない。さすがというショットも見られたがイージーなミスもあるし、ブレークも許してる。それでも、2セット連取というのはやっぱり実力の差なのか。

第3セット、いきなりナダルのブレークで始まったが、フィッシュがすぐにブレークバック。そのままキープが続いてタイブレークになるかと思った第12ゲーム、フィッシュがブレークして第3セットを取った。

第4セット、第3ゲームをナダルがブレーク。結局、キープを続けて、6−4でナダルの勝利。

いよいよセミファイナル。
大胆な予想をするとマレーがナダルに勝ち、ツォンガがジョコビッチに勝つ。で、マレーが悲願の初優勝。


posted by D at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック