2011年08月14日

嫌われ松子の一生 ☆☆☆

この監督の作品を見るのは4本目だが、一番良かったな。

病弱な妹に愛情を注ぐ父親に愛されたくて、変な顔をするようになった松子。父親が望む中学の教師になったが、教え子の窃盗を庇ったことから退職、転落の人生が始まる。

切ない話なんだが、中島哲也の演出だとこういうテイストになる。
正直、このコミカルでメルヘンチックな演出は苦手だ。しかし、この話を真面目に撮ったらどうなったのだろう。すごく重たい話になるんだろうな。
でも、やっぱりちょっと過剰な気がする。基本的にこの監督との相性は良くないな。脚本はどの作品もすごくしっかりしてるとは思うけど。

中谷美紀はそれほど好きな女優じゃなかったが、この映画ではいい味出してたな。こういう役も演じられるんだな。

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
posted by D at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック