2011年08月28日

アイガー北壁 ☆☆★

悲しい話だな。最後のシーンもほぼ実話というのがすごい。

ナチスの時代、ベルリンオリンピックの直前、アルプスの最難関アイガーにドイツ人2人が挑むが…

自分は登山をしない。体力だけで行けるようなところなら気持ちがいいだろうなとは思うが、もうそんな根性はない。しかし、こういう、登山というよりロッククライミングというか過酷な環境での精神力が必要なものにどうして挑むのか?そこに山があるからなんだろうけど。

話自体は実話を元にしてるからドラマチックな展開は無いけど、退屈せずに見られたな。
やっぱり、帰りのことを考えずに上を目指すというのはどうなんだろう。若い時しかできないことだな。

アイガー北壁 [DVD]
posted by D at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック