2011年10月30日

BJ・ペンvsニック・ディアス

1RはBJの方が良かったが、2R、ボディが効き始めてからBJのスピードががくっと落ちた。
ディアスの方が体格で優っているから、タフだな。
壮絶な殴り合いになったが、2RはBJがもうふらふらになった。
3R、さすがにBJも根性あるな。多少盛り返したが、ディアスのほうが優勢だったか。
お互い顔がぼこぼこ。
判定でディアスの勝利。
面白かった。
ラベル:UFC137
posted by D at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック