2011年11月06日

SPACE BATTLESHIP ヤマト ☆

これもひどい作品だな。
オリジナルのアニメもそれほど好きだったわけではないけど、それなりに見てた。

映画の出来としてはどうしようもない。
海外とかから見ればちょっと金のかかったB級映画だな。
あの古代と森雪のキスシーンは何なんだ?

オリジナルはそれなりに長い話なわけで、それを実写化するにあたって、2時間ちょっとの中に詰め込みすぎ。その割にはオリジナルと違う設定も多いし。
森雪が戦闘班でいきなり男を殴り倒すくらい強いし、スターシャはいないし、ガミラスは意識生命体だし、佐渡先生は女だし、アナライザーは単なる端末になってしまったかと思ったら最後は手足がついたロボットになって機関銃を撃ちまくるし。

オリジナルのディテールまで覚えているわけじゃないけど、おかしな設定がいっぱいある。オリジナルもそうだったのかもしれないけど、そいうところは直せばいいのに。
放射能を毒ガスのように表現してるし、宇宙戦艦の中で酒飲んでタバコ吸ってるし。まあ、震災前の映画だから放射能は仕方が無いか。
CGも何かいかにもCGだったしな。
元々自己犠牲の上で誰かを守るというのがテーマのアニメだと思うが、そこにもっと集中すればいいものを。
何のための実写化リメイクなんだ?

キャスティングも何だかな。
黒木メイサは森雪のイメージじゃないし、キムタクはずっとキムタク、柳葉敏郎と西田敏行は合っていたと思うが西田敏行の出番はほとんど無し。
森雪はちょっとタレ目でロングヘアーじゃないんだよ。

愚痴っぽいのいっぱい書いてしまった(´Д`)

SPACE BATTLESHIP ヤマト スタンダード・エディション 【DVD】
posted by D at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック