2011年11月07日

180°SOUTH/ワンエイティ・サウス ☆☆

旅の映画かと思って見たらちょっと違ったイメージ。

パタゴニアの創業者イヴォンとダグラスは1968年パタゴニアのコルコバドに登った。この旅は後の2人の価値観に大きな影響を与えた。およそ40年後、この記録映像を見たジェフは同じコルコバドに登ろうとする。

イースター島やパタゴニアの映像は美しいのだが、何か説教臭い。
自然を守ることは大切だと思うけど、それをナレーションで言われても。もっと映像で表現できなかったのか?ドキュメンタリーだから仕方が無いのか。
文明に対する批判が多く言われているが、それを主にするならもっと個々の事案の背景とか説明してほしいな。それか、単純に旅の良さとか自然の美しさを表現するか。

調べたら、パタゴニアってグリーンピースとかシーシェパードの支援企業なんだな。グリーンピースはまだしもシーシェパードはな。

しかし、あんなハードな登山は絶対に無理だ。

ワンエイティ・サウス 180°SOUTH [DVD]
posted by D at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック