2011年12月31日

ラブ・アクチュアリー ☆☆☆☆

これまで何度も見る機会がありながら見逃していた作品。
イギリスのクリスマスを舞台に色々な愛を見せてくれる。

この手の映画はいくつか作られているけど一番良かった。どのエピソードもシンプルでストレートで良かった。
強いて言えばキーラ・ナイトレのがちょっとかな。自分からすると、あの思いは最後まで隠し通さないと。それだと映画のエピソードにはならないけど。

ヒュー・グラントのプライムミニスターはお茶目で、ポインター・シスターズのジャンプで踊ってるところとかニヤリとしてしまった。

やっぱりポルトガルのシーンが一番良かったな。単純で何か王道ではあるけど、ああいうのは目頭が熱くなってしまう。演出としてはちょっと卑怯な気もするが。まあ、鉄板です。

チョイ役のローワン・アトキンソンもいい味出してた。

一年の終わりにいい映画見れて良かった。

ラブ・アクチュアリー 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
posted by D at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック