2012年01月09日

クライシス・オブ・アメリカ ☆☆

何かもう一捻りあればもっと面白くできたと思うが。

湾岸戦争のクエートでベン大尉の部隊は移動中に襲撃を受け、ベンは気を失ってしまうが、ショー軍曹の活躍で何とか生き延び、ショーは名誉勲章をもらう。その後ショーは副大統領候補として選挙に望むが…

何が現実で何が幻覚なのかが分からない演出で心理サスペンスとも言えるような展開だから何か面白いオチがあるかと思ったが、かなりストレートな結末。
細かなところで突っ込みどころはいっぱいだし、テンポもイマイチ。

デンゼル・ワシントンにメリル・ストリープ、ジョナサン・デミが監督という割には凡庸な作品だった。

クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
posted by D at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック