2012年04月25日

グレート・ウォリアーズ/欲望の剣 ☆☆

1985年の映画だが、なんとも不思議なメンタリティだな。
16世紀のヨーロッパが舞台だが、いい人間が一人も登場しない。
中世ってほんとうにこんな感じだったのか?
人間がこんなにエゴイスティックだったとすれば、現代は少しは進歩しているということか。
監督の趣味がかなり入っているとは思うが。

ルトガー・ハウアーは「ブレード・ランナー」以外では初めて見たかな。
渋いけど、いい役じゃないな。

AmazonにDVDが無い。
VHSのみ。画像もないし。
輸入モノがありました。
Flesh+Blood [VHS] [Import]


posted by D at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック