2012年05月15日

ファン・マヌエル・マルケスvsセルゲイ・フェドチェンコ

マルケスが4階級制覇に挑む王座決定戦。

スーパーライトにウェイト上げてマルケスは上半身が一回り大きくなったな。
その分、少しスピードが落ちたような。

フェドチェンコもヨーロッパチャンピオンだけあって、嫌らしいボクシングをする。
ハードパンチャーではないが、右のカウンターを狙ってくる。
マルケスもカウンタパンチャーだけに、少しやりにくいのか。

それでも、徐々にペースを掴んで、連打が出るようになる。
フェドチェンコにもう少しパンチ力があったら苦戦したかも。
パンチがないから、それほど怖がらずに打っていけた。
何発かカウンターはもらったが、それほど効いた感じではなかった。

判定まで行ったが、大差で4階級制覇。
ただ、ちょっと物足らなかったな。やっぱり、これくらいの相手だとKOしないと。

posted by D at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック