2012年09月23日

鍵泥棒のメソッド ☆☆☆

期待の内田けんじの新作。
前2作が大好きなだけに期待が大きすぎたか。
面白かったけど、期待ほどじゃなかったかな。

手際よく依頼を遂行するクールな殺し屋の近藤、売れない三流役者の桜井、偶然銭湯で出くわした2人が人生を交換することになってしまう。
この2人に婚活女子の香苗が絡んで、喜劇とも悲劇とも言えるドラマが展開していく。

前半は喜劇的なドラマが展開されて、自分にはちょっと退屈。内田けんじの笑いのセンスは嫌いじゃないけど、ちょっと長いな。
近藤が記憶を取り戻してからはハラハラする展開が始まる。さすが内田けんじというシナリオなんだが、やっぱりどうしても前2作と比較してしまう。
まあ、「運命じゃない人」のあの展開はすごすぎるんだが。

キャスティングは最高。
主役3人のキャラにぴったり。
3人ともいい演技してます。
広末はやっぱり可愛いな。もう30過ぎてるけど、ほんと可愛らしい。

45bd057b0194abd8777dd29787699b38.jpg
posted by D at 20:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『鍵泥棒のメソッド』お薦め映画
Excerpt: ★★★★★ 人生を取り換えた男たちの大騒動は一筋縄ではいかない。先の読めない展開にワクワクしてくる。こういうちゃんと真面目に笑わせてくれる作品を観客は待っている。本作で傑出した輝きを放っているのは広末..
Weblog: 作曲♪心をこめて作曲します♪
Tracked: 2012-09-25 20:58