2013年01月24日

ノバク・ジョコビッチvsダビド・フェレール

準決勝の第1試合。

第1セット、サービスキープが続いたが、第5ゲームでジョコビッチがブレーク。
第7ゲームもブレーク。
ジョコビッチは安定してるな。
サービスキープを続けたジョコビッチが第1セットを6−2で先取。

第2セット、ここも第3ゲームでジョコビッチがブレーク。
テニスのスタイルは似た2人だから、フェレールは苦しい。
第5ゲームもブレーク。一方的になってきた。
完璧だな。ジョコビッチのサービスゲームはブレークポイントどころかデュースにすらなっていない。
このセットも6−2でジョコビッチ。

第3セット、最初のゲームをまたしてもジョコビッチがブレーク。
フェレールが可哀想になってくるくらいだな。
第3ゲームもブレーク。スーパーショットの連発(・∀・)
結局6−1、1時間半で終わってしまった。
こんなに一方的に敗れるフェレールは初めて見た。

ジョコビッチ 3−0(6−2,6−2、6−1)フェレール
ラベル:2013全豪
posted by D at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック