2013年01月26日

コクリコ坂から ☆☆★

今年の14本目。
「ゲド戦記」よりはましだったか。
ジブリ作品ではあるが、監督は宮崎吾朗。親父の宮崎駿は脚本に名前はあるが。

ストーリー自体は古臭くて、ちょっと退屈。特に前半は日常を描いているだけで何の展開もないし。
自分が生まれた頃の時代背景でノスタルジーを感じさせるが、その雰囲気だけの映画か。
何か、中途半端だし、宮崎吾朗という監督の色が分からんな。
まあ、親父ほどの才能が無いのは間違いないか。

コクリコ坂から 横浜特別版 (初回限定) [Blu-ray]
コクリコ坂から 横浜特別版 (初回限定) [Blu-ray]
posted by D at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック