2013年03月17日

一命 ☆☆★

今年の43本目。
オリジナルは未見。
理不尽に理不尽を重ねたような話だな。

狂言切腹が流行りになっている中、井伊家にやってきて切腹を申し出た千々岩求女。
切腹を止められることなく、切腹をすることになるが…

悲しい話であるが、突っ込みどころもあるな。
求女が受けた仕打ちは確かにひどいものではあるが、そもそも狂言切腹に大義は無いし、井伊家の人間も求女の事情を知るよしももなく、その井伊家にある意味復讐をするのも理不尽な話だ。
侍社会そのものがなんと無意味なのかと訴えているのであれば分からんでもないが。

海老蔵の演技はやっぱ違和感がある。
役所広司は貫禄だな。
満島ひかりは好きなんだが、映像全体が非常に暗くてよく分からんかったな。
しかし、美穂って名前は江戸時代からあったのか?

一命 スタンダード・エディション [DVD]
一命 スタンダード・エディション [DVD]
posted by D at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック