2013年05月07日

ジョン・カーター ☆☆

今年の57本目。
ハズレが続くな。

アパッチに追われて逃げ込んだ洞窟が探し求めていた黄金の洞窟だった。そこで急に襲われたカーターは敵を返り討ちにし、手に入れたペンダントを握った瞬間に火星にワープ。カーターの運命は…

非常にオーソドックスなストーリーで今の時代には退屈。
細かな設定も気になって仕方がない。
火星の重力が小さいからポンポン飛び跳ねることができるわけだが、そこに住む他の生物が跳べないわけだから、圧倒的な筋力の差があるはずなんだが、簡単に捕えられてしまうし。
跳べないにしても重力が小さければ物が落下するスピードは小さくなるはずなんだが、そんな演出はないし中途半端だな。

オープニングとエンディングだけはそれなりなんだが、火星での話は冗長だし、ディズニーとしたらレベルが低い。
主役の2人もそれ程魅力的じゃないし。

ジョン・カーター DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
ジョン・カーター DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
posted by D at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック