2013年05月29日

ダニー・ガルシアvsザブ・ジュダー

無敗の若き王者ガルシアにベテランの元2階級制覇チャンピオンが挑む。

動きのスピードはジュダーの方が上だが、ガルシアにはハンドスピードがあって、威力もある。
ジュダーがうまく躱しながら攻めるが、5R、ガルシアは右の一発でジュダーをぐらつかせ、優位に立つ。
8Rにはダウンも奪い、KOは時間の問題かと思われたが、そこから攻め切れない。
サウスポーが苦手なのか?左のフックが得意なんだが、サウスポー相手では放ちにくいのか?
終盤は回復したジュダーにいいようにやられてたな。
パンチの切れも感じられなかったし。
判定で王座を防衛したとは言え、若干評価は落としたか。
アミール・カーンやエリック・モラレスに勝った試合は強いチャンピオンが出てきたなと思ったが、このレベルだとまだまだメイウェザーには歯がたたないだろうな。
次はマティセかピーターソンになるみたいだが、どちらも強いから面白い試合にはなるだろうな。
posted by D at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック