2013年07月31日

希望の国 ☆☆

今年の83本目。
何を言いたいのかよく分からん映画だ。

福島の後という設定だが、架空の街での地震による原発事故。
避難を命じられた人々の生き様を追うが。

夏八木勲と大谷直子の老夫婦は非常に良かった。
最後のキスシーンはグッと来る。
あんなキスをしたいものだな。

若夫婦は最後には「愛があれば」と繰り返すが、愛があれば困難を乗り切ることができると言いたかったのであれば、わざわざ原発事故をモチーフにする必要はなかったんじゃ。
希望の国というタイトルだから絶望しているわけじゃなさそうだけど。
皮肉なのか?

希望の国 [DVD]
希望の国 [DVD]
posted by D at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック