2013年08月05日

華麗なる週末 ☆☆☆★

今年の86本目。
中学生の頃TVで見て以来だから35年ぶりくらいになるか。
マックイーンは大好きなので、有名な作品は何度も数えきれないくらい見ているが、これは見る機会が無かった。
マックイーンの映画としてはそれほど有名ではないし、アクションも何もない地味な作品と言えばそうか。
何となく雰囲気は覚えていたけど細かなところは覚えていなかったから新鮮な気持ちで見られた。

20世紀初めのミシシッピ。
11歳のルーファスは裕福な家の育ち。
祖父が町で初めてとなる車を購入する。
身内の不幸で4日間家を空ける両親と祖父。
使用人のブーンにそそのかせれ、周りに嘘をついてメンフィスまで来るまで遊びに行くことに。

主役はマックイーンというより少年のルーファスだ。
彼が見る大人の世界。
良い所も悪いところも見て、4日間という短い期間に成長する。
純粋な少年を見ていると自分にもこんな時代があったかと、歳を感じる。

マックイーンには珍しい、コミカルでほのぼのした作品だけど、やっぱりかっこいい。
「大脱走」でとぼけた雰囲気を出している時のマックイーンがずっと見られるという感じか。

見てよかった。

華麗なる週末 [DVD]
華麗なる週末 [DVD]
posted by D at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック