2013年08月25日

柴田明雄vs村田諒太

オリンピックの金メダリストのデビュー戦はいきなり東洋太平洋チャンピオンと。
1Rに一度ダウンを奪って、2Rもいいパンチを当ててTKO。
強い勝ち方ではあったが、相手のレベルが低かった。
このクラスは世界レベルでは凄いチャンピオンがいっぱいいるし、日本人はまだミドル級以上のクラスではチャンピオンになっていない。
まあ、デビュー戦だからこれからどれだけ伸びるかだな。
もっとスピードをつけないと世界レベルでは厳しいだろうな。
全然、打たれなかったから打たれ強さは分からんけど。
ラベル:ミドル
posted by D at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック