2013年12月08日

リアル ☆☆★

面白いというので1〜13巻を一気に読んだ。
井上雄彦らしい漫画だな。

車いすバスケットを題材にした障害者の漫画だ。
こういうテーマは難しいけど、よく出来てるとは思う。
健常者にとって障害者の心情を理解するのは難しいけど、障害を抱えながらも前向きに生きていこうとする人間を見てると自分も頑張らないととは思う。
登場人物の中の2人、野宮と安積も健常者でありながらコンプレックスを抱えての人生で、漫画全体を通して如何にコンプレックスを克服していくかというテーマが感じられる。
漫画としては王道といえる話だが、井上雄彦はじっくり描いてるな。
映画だとこれほどじっくりは描けない。
高橋はあそこまで卑屈になるかとは思うが。

13巻はプロレスラー白鳥の話が中心でこの漫画の登場人物の中では初めて登場するとにかく前向きのキャラ。下半身不随になりながらもリハビリに打ち込みもう一度リングに立つことを目指す。
なかなか、あんなに心が強い人間はそういないんだけど。
しかし、さすがにあのプロレスシーンは無いな。
タイトルが「リアル」なだけに。
映画の「レスラー」が頭に浮かんだけど、あっちの方がレスラーとは?が感じられるかな。

しかし、1999年から連載スタートしてまだ13巻とは。
ほんと井上雄彦は筆が遅いな。
話の進行も遅いし。
「バガボンド」はまだ描いてるのか?
モーニング読まなくなって長いからな。

REAL (リアル) コミック 1-12巻 セット (ヤングジャンプコミックス)
REAL (リアル) コミック 1-12巻 セット (ヤングジャンプコミックス)
ラベル:井上雄彦
posted by D at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック