2014年01月04日

LOOPER/ルーパー ☆☆☆

今年の5本目。
まあまあ面白かった。

30年後にタイムマシンが発明される近未来。
タイムマシンの使用は禁止されているが、犯罪組織が消したい人間を送ってくる。
彼らを始末するルーパーと呼ばれる者達。
ある日、ルーパーのジョーの前に送られてきたのは30年後の自分だった。

タイムマシーンものだが、設定には粗が目立つ。
突っ込みどころは満載なんだが、めちゃくちゃ気になるわけではない。
単純なアクションものかと思ってたら途中から少しテイストが変わってくるからかな。

30年後に殺されると分かりながらも、安定した裕福な人生を選ぶのか?
それほど上手く表現されているとは思わないけど、場面場面で考えさせられる設定になっている。
惜しいな。
もう少し、タイムパラドックスの設定を何とかしていればラストはもっといいものにできたように思う。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスは似てないこともないか。
30年後の自分を見るのは嫌だな。
もう生きてないか。

LOOPER/ルーパー [Blu-ray]
LOOPER/ルーパー [Blu-ray]
posted by D at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック