2014年01月11日

アドニス・スティーブンソンvsトニー・べリュー

スティーブンソンはドーソンに衝撃的な1ラウンドKOで名前をあげた。
とにかく左の一発が強力。

対戦相手のべリューは長身で距離をとって戦っていたが、スティーブンソンの左が怖いのはありあり。
左フックのカウンターを狙ってはいるが、スティーブンソンも食わない。
プレッシャーをかけ続けられて、6Rついにスティーブンソンの左ストレートが入ってダウン。
何とか立ち上がるも、スティーブンソンのラッシュにレフリーストップ。

スティーブンソン、遅咲きだけど強いし、面白い。
今後も楽しみだな。
ラベル:ライトヘビー
posted by D at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック