2014年01月25日

全豪オープン 準決勝

今大会は波乱の大会と言えるだろう。
TOP4シードでBEST4に残ったのは第1シードのナダルのみ。
ジョコビッチはバブリンカに敗れ、フェレールはベルディヒに。
マレーはフェデラーに敗れた。

準決勝の第1試合はベルディヒvsバブリンカ
バブリンカは同じスイスにフェデラーという偉大な選手がいてそれほど目立っては来なかったが、最近は実力をつけてきてた。ジョコビッチとの死闘を制して準決勝に進出。
ベルディヒは一度ウィンブルドンで決勝まで行っていて、爆発力はある。
この試合もどちらが勝ってもおかしくなかったが、ここぞという時にサービスエースを取ったバブリンカが3度のタイブレークのうち2度を制して3−1で勝った。
もともとバックハンドのダウン・ザ・ラインの印象が強い選手だが、フォアのクロスがとにかく凄かった。
フォアのクロスの打ち合いではベルディヒを圧倒してたな。
集中力を切らさなくなったのがここまで来た要因だ。
決勝でもこのプレーを続けられるか?
バブリンカ.jpg

第2試合はナダルvsフェデラー
グランドスラムでは11度目の対戦。
ナダルはここまで順調とは言えないできだったが、さすがは第1シード、錦織戦とは別人のようだった。
ミスは少ないし、ボールは深いし、ここぞという時のスーパーショット。
フェデラーを圧倒した。
相性もあるとは思うが、相手がフェデラーだと一段ギアが上る感じだな。
フェデラーはナダルがやっぱり苦手だ。
バックに高く弾むトップスピンを集められるとどうしてもミスが出てしまう。
コーチにエドバーグを迎え、ネットプレーを増やしたフェデラーだったが、ナダルにパスを抜かれまくった。
でもウィンブルドンだったら分からないな。
ナダル.jpg

決勝はナダルvsバブリンカ
ナダル有利は動かないと思うが、バブリンカのパワフルなハードショットが決まれば分からない。
ナダルからすればフェデラーよりやりにくいと思う。

posted by D at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック