2014年07月06日

オランダvsコスタリカ

オランダは3トップでスタートし、ボールを支配して攻め続ける。
ロッベン、デ・フライらが切り込んでチャンスは何度も迎えるが、コスタリカの守備は固い。
最終ラインの統率が取れていて、ラインの上げ下げが上手いし、最後にはナバスが立ちはだかる。
コスタリカのチャンスはほとんど無く、前半を終える。

後半、少しコスタリカが前に出るが、それでも展開は同じような感じ。
オランダはロッベンが持つと必ずチャンスになるし、スナイデルも一次リーグの不調はなんだったんだという感じ。
それでも、ゴールを奪えないオランダ。
ナバスの壁は厚い。
嫌な感じで延長戦へ。

コスタリカは途中出場のウレニャが決定機を迎えるが、シレッセンが防ぐ。
スナイデルのシュートはバーを叩く。
0−0でPK戦を迎えようという時、ファン・ハール監督が奇策に出る。
PK専門のキーパー、クルルを投入。
まあ、無いわけじゃないがWCの大舞台ではあまり見たことがない。
ナバスがスーパーセーブを連発していたから、PK戦は嫌だったと思うが。
しかし、この采配が的中してしまうから、分からないものだ。
クルルが2人を止めオランダが準決勝進出。

コスタリカはよく頑張ったな。
あれだけ攻め続けられるとデフェンスが乱れるものだが、バタバタするところは殆ど無かった。
オランダに攻められて守り切るのは凄い。
ガッツを見せてもらった。

オランダはやっぱりロッベンだな。
速いし、よく走るし、守備もするし。
スナイデルが復調してきたのも大きい。
アルゼンチン戦はこれ程ボールを持てるとは思わないが、逆にカウンターの機会も増えるだろう。

2400616_large-lnd.jpg
ラベル:2014WC
posted by D at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック