2014年07月06日

クリス・ワイドマンvsリョート・マチダ

すごい試合だったな。
絶対王者アンデウソン・シウバを連破したワイドマンにリョートがライトヘビーから1階級落として挑む。

自信満々のワイドマンが距離を詰めてパンチを打ち込んでくる。
リョートも距離を取りながらカウンターで迎え撃つ。
テイクダウンを狙ってタックルも交えてくるワイドマンに最初は対応していたが、一度倒されてからはペースはワイドマンに。
タックルを警戒するから上のガードが甘くなる。
肘打ちとパンチの相打ちでリョートの方が額をカットし、苦しくなった。
しかし、4Rリョートの左がヒットしてワイドマンの動きが鈍る。
一気に行きたっかたリョートだがワイドマンもタフだ。
最終ラウンド、テイクダウンを取られて苦しいリョート。
残り30秒で立ち上がり、最後の力を振り絞って攻撃に出る。
両者フラフラの中、リョートが攻め込んだところで試合終了。

判定でワイドマンが防衛したが、久しぶりにすごい試合を見たな。
いい試合だった。
クールなリョートが本能でパンチを振るう姿に感動。

images (24).jpg
ラベル:ミドル UFC175
posted by D at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック