2014年09月09日

錦織圭vsマリン・チリッチ

こんなに早く錦織圭のグランドスラム決勝戦をみることができるとは思ってもみなかった。
まだまだだと思っていたが、今大会は粘り強かった。

期待の決勝戦ではあったが、結果はチリッチに完敗。
3セットとも6−3だった。
錦織がブレークしたのは第2セットの1ゲームだけ。

チリッチが良かったというのもあるが。
立ち上がりはお互いに固かった。
いきなりオープニングゲームで錦織がブレークポイントを掴んだが、活かせなかった。
第6ゲームはミス3本でブレークされたようなものだった。
ジョコビッチ戦では負けて元々という気持ちはあっただろうから、おもいっきりプレーしていたが、チリッチ戦はやっぱり勝てるという気持ちがあったんだろう。
対戦成績では勝ち越してるし、これまでは錦織が粘り強くプレーしていればチリッチが自滅するパターンだったように思う。
チリッチはもともとそういうタイプのプレーヤーだった。
ただ、今大会のチリッチは4回戦までは苦しんだが、準々決勝でベルディヒ、準決勝でフェデラーをストレートで破って勝ち上がってきてた。
3回戦までを楽に勝ち上がって、4回戦のラオニッチ、準々決勝のバブリンカ、準決勝のジョコビッチと苦しんで接戦をものにした錦織より、チリッチの方が余裕があったんだろう。
第2セットの終盤あたりから開き直ったプレーも見られたが、サービスが好調だったチリッチは付け入る隙を見せなかった。

錦織本人が「もう勝てない相手はいない。」と言っていたが、その通りでもう歯がたたない相手はいないはず。
第8シード以内に入れば、準々決勝までは自分よりランキング下位の者としか当たらない。
ランキンが低い相手に負けず、この位置をキープできるかが問題だ。
常にBEST8をキープできるようになれば、また次のチャンスは来るだろう。

でも、やっぱ悔しいな。
チリッチは初優勝おめでとうだし、大好きだったイワニセビッチがコーチしてたから、優勝が決まった時のイワニセビッチの姿にも少しうるっときてしまったが。

images (30).jpg
posted by D at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック