2014年09月14日

ウォーム・ボディーズ ☆☆☆

今年の94本目。
これまでにないゾンビ映画。

ゾンビが潜むエリアに物資を取りに行ったジュリーだが、ゾンビたちに襲われボーイフレンドは食われてしまう。
仲間も次々と食われる中、ジュリーはゾンビのRに助けられる。
Rはわずかに人間の理性を残しており、ジュリーが好きになったようだが…

ゾンビに理性があってゾンビ側の視点で語られる話なんて、ゾンビマニアからすれば邪道なんだと思うが、これまでに無い設定で面白かった。
話の作りこみは展開が何でというところもあって、もうちょっとという感じ。
もう少し頑張って欲しかったな。

ヒロインのテリーサ・パーマーは可愛かった。

ウォーム・ボディーズ [Blu-ray]
ウォーム・ボディーズ [Blu-ray]
posted by D at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック