2015年01月22日

錦織圭vsイワン・ドディグ

第1セット
簡単にブレークされるのは気になるな。
すぐにブレークバックはするんだが、またすぐブレークされるし。
安定していない。
強くなっているのは間違いないけど、トップ3の安定感からみるとまだまだという感じがする。
まだ1週目だからもがいてもいいのかもしれないが、メンタルの問題だなと思う。
焦らなくてもいいのに焦っているという感じだな。
結局4−6で落とした。

第2セット
相変わらずミスが多い。
もっと軽く取れるセットなのに自滅ばかりという感じだったが、12ゲームでようやくブレークして7−5。
こんなに苦労する必要のない相手なのに。

第3セット
ようやくリラックスしてきた。
軽く2ゲームをブレークして6−2。

第4セット
このまま楽に行くかと思ったら、第3ゲームでブレークされる。
なんであんなところでドロップショットするかな。
ショットに自信がないか、楽して決めたいんだな。
この傾向は昔から変わっていない。
第10ゲームでようやくブレークバック。
第12ゲームでマッチポイントを1本握るもセーブされてタイブレークへ。
タイブレークは実力の差がでて錦織。

ここまで苦労しなくていい試合だったな。

f-nsp150122_nishikor10-ns-big.jpg
ラベル:2015全豪
posted by D at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック