2015年02月01日

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像 ☆☆★

今年の15本目。
まあまあかな。

地下の密室で9人が死んでおり、1人が意識不明の重体。
外傷はなく、毒物も検出できない。
新設されるAIセンターに導入されたMRIのリヴァイアサンで死因をさぐるが…

話は良くできている。
それでもなんか引っかるのが9人を殺した犯人の描かれ方かな。
9人も殺したら死刑になるんだろうな。

キャストの違和感もどうしても最後まで抜けなかった。
やっぱり阿部寛、竹内結子、堺雅人のイメージが強すぎた。
仲村トオル、伊藤淳史、西島秀俊じゃな。
よくやってたとは思うが。

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像 DVD スタンダード・エディション
チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像 DVD スタンダード・エディション
posted by D at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック