2015年02月01日

アンディー・マレーvsトマーシュ・ベルディヒ

準決勝の第1試合。
両者ともこの大会は好調。
ベルディヒはナダルを撃破して勝ち上がってきた。

第1セットはベルディヒの方が押していたが、マレーが耐えた。
ベルディヒは安定していたしストロークが深くて自信に満ちていた。
それでも、それを耐え切るマレーも今大会は好調だった。
マレーが耐えてタイブレークに持ち込んだセットはベルディヒが8−6で取った。

勢いに乗りたかったベルディヒだったが第2セットは一方的な展開。
ベーグルでマレーが奪い返す。
マレーの守備力にベルディヒの集中力が切れた感じ。

第3セットも流れは変わらずマレーが6−3で取る。
第4セットはベルディヒが持ち直し終盤まで縺れたが、マレーは崩れなかった。
第4セットをベルディヒが取れば分からなかったと思うが、マレー完全復活と言った感じか。
ラベル:2015全豪
posted by D at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック