2015年02月01日

ノバク・ジョコビッチvsスタニスラス・バブリンカ

準決勝の第2試合。
壮絶な戦いだった。

錦織を破ったバブリンカだが、やっぱり集中力が増して強くなっている。
以前は自滅するパターンが多かったが、今はそいうことは無い。
攻めこまれても耐えるメンタルがあるし、ここぞという時にリスクを取る勇気もある。
フルセットまで縺れた試合、最後は体力的にパフォーマンスが落ちたようなバブリンカに対し終始自分のテニスをしたジョコビッチが貫禄勝ち。
いい試合だったが、結果論的にはバブリンカはもう少しリスクをとっても良かったかな。
世界ナンバーワンが相手なのだから。

スコアは7−6、3−6、6−4、4−6、6−0。
タフな試合で結晶への影響はあるのか。
ジョコビッチvsマレーは楽しみだな。
ラベル:2015全豪
posted by D at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック