2015年02月07日

ノバク・ジョコビッチvsアンディー・マレー

全豪オープンの決勝。
王者のジョコビッチは準決勝でバブリンカに苦しめられながらもやっぱり強いなという感じで勝ち上がってきた。
マレーは久しぶりに強いなと思った。
両者ともにディフェンスが強いから接戦が期待されたが、1、2セットは共にタイブレークで取り合う大接戦。
2セットが終わって2時間を超えてて、一体何時間かかるかと思ったが、第3セットからはジョコビッチが底力を見せて連取した。

この試合、ブレークが多くて、このレベルでこれ程サービスポイントが少ない試合は初めて見たような。
両者ともにリターンが武器なんだが、あそこまで返すかな。
ジョコビッチは元々サービスのみでポイントを取るタイプじゃないが、マレーは1stサービスの威力はかなり高いのに。
ジョコビッチはほとんどマレーのサービスのコースを読んでいる感じがした。
癖でも見破っているのではと思うくらい。

しかし、途中で足元を気にしていたジョコビッチの方が最後まで集中力を切らさないのは、さすがNO.1というところか。

ジョコビッチ 6−7、7−6、6−3、6−2 マレー
ラベル:2015全豪
posted by D at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック