2015年03月07日

そこのみにて光輝く ☆☆★

今年の26本目。
暗い映画だ。

パチンコ屋で知り合った達夫と拓児。
拓児の家は寝たきりの父親に母、姉の4人家族。
拓児は達夫を家に連れて行き、姉の千夏に昼飯を作らせる。
達夫と千夏はその後、身体を合わせるが、千夏が夜は身体を売って生活費を稼いでいることを知る。

とにかく、全編通して暗い。重たい。
少しの光はあるが、光り輝く訳ではない。
予想できる展開で、やっぱりそうなるかという思いは強い。
予想に反してもう少し明るくなってくれればとも思ったが。

綾野剛が出てる映画は初めて見たが、けっこういい演技してたな。
それにも増して菅田将暉と池脇千鶴が良かった。
池脇千鶴はふっくらしてたな。
あんなにふっくらしてる印象は無かったんだが。

そこのみにて光輝く 通常版DVD
そこのみにて光輝く 通常版DVD
posted by D at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック