2015年03月12日

グランド・ブダペスト・ホテル ☆☆★

今年の28本目。
ウェス・アンダーソンは好き嫌いが分かれるだろうな。

グランド・ブタペスト・ホテルのコンシェルジュのグスタヴは常連客のマダムDが死んだと聞き、ひと目会いに行くが、そこで自分が絵を相続することを知る。
快く思わない息子のドミトリーから逃れるように絵を盗んで逃げ帰るが、マダムDを殺した殺人犯として逮捕されてしまう。

このリアリティーの無い童話のような演出はそれほど好きではない。
話はそれなりに面白くはあるが、なんか集中できない。
話の中身より豪華キャストに目が行く。
ジュード・ロウとか単なる聞き役で出てるし、シアーシャ・ローナン、エドワート・ノートン、ビル・マーレイらがそんなに目立たない役で出てる。
贅沢な使い方だな。

グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]
グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]
posted by D at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック