2015年08月24日

フューリー ☆☆☆

今年の68本目。
まずまず面白かった。

第二次世界大戦時のドイツ。
M4戦車に乗る戦車部隊の5人。
戦車4機で出撃するもタイガー戦車にやられて1機だけに。
1機になっても要所の十字路で敵のSS部隊を迎え撃つが…

字幕はティーガーだったが、タイガー戦車との対決は見せ場の一つだった。
なんかゲームを見てるようだったが、面白かった。
タイガーは強かったんだな。
タイガー戦車というと「戦略大作戦」を思い出す。
こっちはコメディーっぽいエンターテイメント映画だったが、好きだったな。

クライマックスは特攻に近いメンタリティー。
あの場面で撤退しないのは特攻と同じだ。
人類共通の感覚なんだろうな。

極限状態の行動に平時の人間がとやかく言っても仕方がない。
のんびり部屋で画面を見てる身分では嫌な思いもあるが、そんなもんなんだろうな。
そもそも、戦争の状態にしてしまうのが間違いなわけで。

フューリー [DVD]
フューリー [DVD]
posted by D at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック