2015年09月02日

余命90分の男 ☆☆★

今年の74本目。
コメディーは苦手だが、ほのぼのさせてくれてまあまあだったか。

いつも怒ってばかりのヘンリーは検査の結果を聞きに病院に行くが2時間も待たされた挙句、主治医が不在で代わりの女医シャロンに結果を聞くことに。
脳動脈瘤の結果に余命はどれだけなんだと迫るヘンリー。
嫌なことが続いていたシャロンはつい90分と答えてしまう。
余命90分と聞かされたヘンリーは…

コメディーなんだが、それほど大笑いというわけではない。
吃音症の電器店の老店主との会話はコントみたいで笑えたが。
自分が余命90分と宣告されたら何をするだろう。
90分じゃできることは限られてるからやっぱり、誰か大切な人と会うことになるんだろうな。

主役のロビン・ウィリアムスはこの映画の後、ほどなくしてこの世を去ることになるんだな。
主演という意味ではこれが彼の遺作か。

余命90分の男 [DVD]
余命90分の男 [DVD]
posted by D at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック