2015年12月26日

ジェームズ・デゲイルvsルシアン・ビュテ

ビュテは衰えた感があるな。
フロッチに負けるまでは強い王者だったのに。
デゲイルはスピードがあって、出入りを繰り返す。
頻繁にスイッチもするし。
パンチ力はあるとは思わないが、とにかく手が出る。
ビュテは左の一発を当てたいんだろうけど、手数が圧倒的に少ないから当てるタイミングが掴めない。
もっと左のパンチは切れがあったと思ったが、拳を痛めてるんじゃないかと思うくらい、切れがなかった。
判定まで行ったが、デゲイルの判定勝ち。
もう、やめどきかも。
posted by D at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック