2015年12月27日

嗤う分身 ☆☆

今年の102本目。
こういう感覚的な映画は苦手だ。

設定が全くわからない。
何の説明もなく、全く同じ容姿の2人が2人だけがそれを認識しながら話が進んでいく。
そう思っていたら、周りの人間もそれを認識してるようだし。
訳が分からん。
イギリスの映画なのにいきなり「上を向いて歩こう」や「ブルーシャトー」が流れたり。
誰かの妄想で頭の中を描いてるって訳でもなさそうだし。
まあ、それほど長くなかったから最後まで見れたという感じ。

嗤う分身 [Blu-ray]
嗤う分身 [Blu-ray]
posted by D at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック