2016年01月24日

ノニト・ドネアvsセサール・フアレス

壮絶な試合だったな。
しかし、フアレスはタフだった。
早い段階で2度もダウンして、これはあっさりドネアが勝つのかと思ったら、判定まで行くとは。
ドネアのパンチは強烈なのに、それをまともに食らっても前に出てくる。
ロープに詰めてパンチを振りまくる。
全然当たらないんだが、何発かは当たる。
どう見ても、フアレスの方がパンチを食らってるのに、中盤以降、勢いはフアレスだった。
こんなタフな選手は久しぶりに見たな。
今年のベストマッチ候補だな。
判定はドネアだったけど、ドネアは苦しかっただろうな。
posted by D at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック