2016年01月26日

ノバク・ジョコビッチvs錦織圭

気合が入っとる。
ちょっと入り過ぎに思えるくらい。
第6ゲーム、40−0からミスが続いてブレークされた。
これだけ気合が入ってると、ちょっと狂うとミスになる。
これはゾーンに入ると逆に一気に行ける可能性もあるんだが。
第9ゲーム、ブレークバックのチャンスもあったが、ジョコビッチがキープして、第1セットは6−3でジョコビッチ。

第2セット、いきなりブレークされる。
ちょっとだけだけどずれてるな。
第2ゲーム、ジョコビッチは1stサービスが入ってないからチャンスなんだが、ここぞというところで2ndでエースを取るのはさすがだな。
ここまで強い球をを打ち続ける錦織は久しぶりに見た。
0−40からなんとかキープしたのはまだ切れてはいないな。
第5ゲーム、スマッシュを2本決められずにブレークされた。
少し空回りしとるな。
ブレークのチャンスはあるものの結局ブレークできず、6−2ジョコビッチ。

第3セット、第2ゲーム、遂に錦織がブレーク。
せっかくブレークした直後のゲーム、ブレークバックされる。
すぐにまたブレークした。
少し落ち着いてきた感じがする。
と、思ったらすぐにラブゲームでブレークされた。
やっぱり焦ってるな。
第7ゲームブレークされる。

結局、ストレートで敗れた。
6−2、6−3、6−4
ストレートだったが、もう少しだと思う。
ポテンシャルでは負けてないと思うが、ここぞという時の集中力かな。
第3セットはブレークで先行したが、結局引き離すことができなかった。
余裕を持てというのはジョコビッチ相手に無理だとは思うが、無心で戦えるようになればな。
ラベル:2016全豪
posted by D at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック